WHAT IS JUNCTION TOKYO?

Held Friday through Sunday on April 28-30th, 2017 in Shinagawa, Junction Tokyo is the place to design and develop your ideas into actual projects
together with like-minded hackers. Junction is a Finnish-based non-profit hackathon, that has taken place once in Japan before as Junction Asia in 2016.


48 HOURS TO BUILD THE FUTURE


Hackathons are all about taking something you love, combining it with tech and learning something in the process. Junction brings together hackers, designers, the coolest partners and hardware for one weekend of hacking. It’s a place where creators can let go of their inhibitions and create cool inspiring projects.

A COMMUNITY OF CREATORS


We know that the future is not created by individuals, it’s created by communities, ideologies, and beliefs. That’s why Junction is much more than an event, it is an ideology, a movement with the goal of inspiring and fostering a community of creators. Junction Tokyo is a unique mixture of cultures, countries and disciplines in Japan, bringing creative minds together from close and far, with a strong student- and volunteer-driven production team. At Junction we believe a fun open-minded environment, innovative industry partners, and a little bit of passion is the beginning to creating a better tomorrow.

Junction Tokyoとは?

2017年4月28日〜30日に品川の寺田倉庫にて開催されるJunction Tokyoは、同じ志を持った仲間と頭の中にあるアイデアを実際のプロジェクトに発展させる場です。Junctionはフィンランド発祥の非営利ハッカソンであり、2016年にJunction Asiaとして日本に初上陸しました。

 

48時間で創る未来

ハッカソンの醍醐味は、あなたが好きなものを技術と組み合わせ、そのプロセスにおいて何かを学ぶことです。Junctionではハッカー、デザイナー、協賛企業、ハードウェアが一堂に会し、週末を使って最高のプロジェクトを実現すべく、各々思うがままにハックします。

クリエーターが集う場所


未来は一個人が創り上げるものではないことは自明であり、多くのイデオロギーや信念が入り組むコミュニティーから成り立ち、創られるものです。Junctionはただのハッカソンで終わるのではなく、クリエーターを感化し、そのコミュニティーを促進させるという目標を掲げています。日本のみならず世界からの参加者を迎えるユニークな多様性と、ボランティアの学生を主導とする運営チームがJunction Tokyoの特徴です。私たちJunctionは、楽しいオープンマインドな環境とイノベーティブな企業の協賛、そして一人一人の少しの情熱が、より良い未来を創ると確信しています。